福岡天神赤坂 完全マンツーマン・パーソナルトレーニングジム『RESET』

  • 予約受付中
  • 「@resetgym」で検索!

停滞しないダイエット

皆様こんにちは。
だいです。大分寒くなりましたね。
と、思ったら台風一過の影響で暑くなったりと困ったものです。
常に長袖着用なので暑いと困るので早く涼しくなってほしいものです。

さて。
現在僕は絶賛ダイエット中です。
上述したように寒くなり厚着になるのにダイエットしてるので

大会??

と聞かれますが違います。

身体鍛えてる人の誰しもが裸にすぐなりたがるわけではないんです。
飲み会などでタイミング見て脱ぐタイプなのではありません。
むしろ肌をあまり見せないタイプもいる事をご理解下さい。

話しはそれましたが、僕はダイエットに置いて体重が停滞する事はほとんどなく1週間で落ちていく体重も計算通りですし、落ちすぎる事もありません。
体脂肪を10%除去するケースであれば
1ヶ月目5%
2ヶ月目2-3%
3ヶ月目2-3%
のようなイメージで体重が減っていきます。

頑張ってるのに落ちない!って方は停滞するポイントとして以下があげられます。

1 体重が落ちてるのにカロリーカットを行わない。
・体重が減れば基礎代謝は当然減ります。
80kgでダイエット始めたのに75kgの時に同じカロリー取るわけにはいかないかと思います。
80kgからスタートするのと75kgからスタートするのは全く違うスタートになります。
停滞する体重を見極めてカロリーを適切にしなければなりません。

2 栄養のカットのしすぎ。
・何事もバランス。
代謝をつかさどるのが栄養素ですから適切な量は取らなければいけません。
炭水化物オールカット、脂質オールカット、タンパク質だけで生活してる方もおられますが完璧肉食獣のソレです。
人間は雑食なのでしっかりとバランスをとりましょう。

3 運動強度が下がった
・栄養不足で運動強度が無意識に下がってたり、トレーニングの使用重量は落としてはいけません。
体幹部の厚みを使わない運動に関してはむしろ徐脂肪されている方が適切になり記録の向上が考えられます。

4 そもそも食べてる
・これは最も多い例です。
低カロリーだと思ってた!
量を計らないで食べてた!
よくある事です。
カロリーは計算して必ずメモしましょう。
たまに飲み物はノーカンみたいな感じになってる方もいますが運動中のポカリも当然カロリー入ってます。

5 前日と比較しがち
・昨日に比べて落ちてない!
それは当然です。
体重が落ちると体脂肪率も下がります。
体脂肪率は割合なので徐脂肪すると自ずと減らす物も少なくなります。
むしろ増えてしまうと筋肉なども削いでる可能性が高いかと思われます。
週単位、月単位で計算すると良いでしょう。

上記以外に栄養バランスの入れ替えや食材の変更などのテクニックもあります。
ブログのネタが無くなるので残りは個別でそのうち書きたいと思います。

以上でした。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする